FC2ブログ
「作曲」カテゴリには自作曲がたくさん貼ってあります。初心者独特の曲の雰囲気をお楽しみください。
■ BGM作成依頼はこちら 500円。[こちらから]
■ フリーBGM(素材)サイト: 【SOUND-SITES】 公開
■ アルバム(全16曲)完成: 「Electrovoice Trajectory」
■Short music clips please play & listen
Welcome! This song is my own work.[Shuffle! をクリックするとランダムで違う曲が流れます]
[Shuffle!]
←演奏中に押すとランダムで曲が変わります。
ニコニコモンズのページ (2935332)

youtube、ニコニコ動画、iTunes その他 作品公開場所一覧

http://tsukikagejoupr.blog.fc2.com

一度しか言わねーぞ

父親はいつも、大事なことでも、「一度しか言わねーぞ」だった。

ふーん。厳しいしつけだな。

でもなぜ?一度しか言わないということに意義はあるか?

厳しさはある。でも、それにどういう意義があるかわかっていっている父親でないことは確か。

おそらくは、おじいちゃんにそういわれながら育てられたのを、そのまままねているんだろうな。

厳しさ、をいうには少々深みのない人間だ、俺の父親は。


自分で考える能力はつく。だから俺はよく考える人間になった。

しかし、生活習慣が身についていない。大事なことは一度だけ?

違うよね。大事なことは、何回も繰り返して、覚えていくもんだよね。

勉強もそうでしょ?

ほんとに大事なことだったらね、やっぱ言わないとな…。

結局は、2度いうのは面倒だからという、教育的配慮よりは単なる自分の都合の色合いが極めて濃い。


意義を分からないまま、もっともらしいことを真似するだけ、ということの弊害が、でている。

寒い時は暖かい格好をする。その習慣が、40歳を超えた今も、身についていない。

そのことは、俺の人生で大いなる損失を生んでいる。

服装の習慣は大事なんだよ。仮におやじがそれをできていなかったら、おじいちゃんは、服装が大事だとわかっていれば、一度しか言わない、なんて言わずに、なんどでも教えようとした、かもしれない。厳しいことを言うのなら、何が大事で何が大事ではないのか、わかっていなくちゃ、言う資格はないし、害。それは、害でしかない老害が老害といわれるゆえん。

やっぱ、くそおやじなんだよ。しかしいいところもあったから、憎めない。子供のころ少しだけ見せてくれたやさしさか。



パリティー対称性

ウーの実験を、理解しようとした。

コバルト60のスピンの方向とその反対方向にでる電子の数が同一かどうか。

同一ならパリティー対称性は保たれ、異なればパリティー対称性は破られているという結論になる。

それはわかる。

図。

鏡に映ると、スピンの方向は逆になる。だから、鏡に映る前はスピンの方向と反対に多く出たとすると、鏡に映った物理ではスピンの方向と同一に多く出ることになり、物理現象は対称でないことになる。

しかし。

そもそもこの実験を素直に眺めれば、スピンの方向と逆向きに電子が多く出たというだけのことだから、それは、スピンがなければ(仮にだけど)上方向と下方向は物理的に区別がないから、電子が上下に同数出るはずのところ、スピンがあったらなにかしら対称性に傾きが生じ、同数でなくなるのは当たり前な感じがする。

つまり、パリティー対称を根拠として考えれば上下方向に同数出るはずだというだけであって、パリティー対称性なんて根拠にもならん理想上のへのつっぱりだ、っていう。

しかし、ちょっと考えた。

この実験自体の妥当性を考えよう。放射性崩壊、という。

たしかに図ではスピンの方向が書いてあって、だから、なにか上のほうが特別な方向で、上のほうに多く出るか少なく出るかの非対称は当然みたいに思う。

しかし、スピンの方向を右ねじの方向だと考えてるからなにか勘違いになっている。スピンの方向という概念に騙されて。

ね?スピンの方向という矢印を知らない僕らに戻って、自転だけ考えよう。そうすると、ただ自転して、自転の軸の上と下という方向があって。矢印なんかなかったら、やっぱり上と下は同等で対称。上にも下にも同数出るはず。だからパリティーは基本的に保存されるものと考えた上で、このウーの実験はやっぱパリティー対称性の破れを示してるってことでOkか?

でも思うね。磁場をかけてる方向がスピンの方向なんだよね。磁場って要素があったんだ。

このウーの実験、磁場の影響がまったくないと言い切ることができるのだろうか・・・・。

(あと細かく見れば、電子のスピンもあるよなぁ)

地球が自転してやはり電磁気的な性質があるけど、南極と北極は等価。のように見えるよ。だけど太陽風とか宇宙線粒子が入ってくる方向と出ていく方向があって、それは南極と北極で違う。

あと、ブラックホールとか銀河とかのジェットは、回転の方向関係なしに上下に出るよね…。




VIENNA ENSEMBLE PRO 6 で…

トラブル:

■ waves プラグイン: ネットにある、shell2vst64.exe で 抽出すれば OK、という情報通り waves のプラグインを抽出し、プラグインのパスも設定したが、スキャンはされるみたいだが、使用可能プラグインのところに表示されない。
=> 僕の場合、プラグインの場所は S:\Vstplugin という場所なのだが、それがいけなかった。waves のプラグインを抽出した後の、Waves というフォルダーを、C:\Program Files 直下に配置したら うまくいった。C:\Program Files\VSTPlugin に置くのは、なんか(たぶん大丈夫だけど)、もともとある WavesShellxx.dll と競合するかもと思って、やめた。

□ その問題が済んだと思ったら、waves プラグインの数が多すぎて、画面に全部表示できない。
=>これは問い合わせたらバグらしい。

■ マスタートラックに Vienna Ensemble Pro Audio Input を挿すと、フィードバックループのような現象がおき、音も出ない。

OK!解決策: Audio Input を マスタートラックに挿しても、out1/out2 というのは、Vienna "Ensemble Pro" の方の出力を意味しているから、insert された Audio Input が受け取って処理した信号=音は "Vienna Ensemble Pro" の方から出てくる。だから、Vienna Ensemble Pro から マスターに音が出ていれば、フィードバックが起きことになる。解決策は、マスターの前にすべてをまとめる bus を作り、Vienna Ensemble Pro 以外のすべての音をルーティングでそこに集め、そこに Audio Input をインサートする。そうすればそこを出る音は、フィードバックすることなく、Vienna Ensemble Pro から出て、最終的にマスターに流れていく。



VIENNA ENSEMBLE PRO 6 買っちゃった!

VIENNA ENSEMBLE PRO 6 購入。

もう金がねぇぇぇぇーーーーーーー

Time+Space で買いました。$285。ほかに安い店がもうなかったからっ!

トラックもプラグインエフェクトもたくさん使うからないと困るんだ!

エネルギーと時間の不確定性

原 康夫 漁師量子の不思議 に、おもしろいのがあったので書いておきます。

エネルギーと時間の不確定性をアバウトに導出。

光子のエネルギーを測定する場合。

Δt とΔE をどう考えるのかというと、Δt の時間内に測ったエネルギーの不確定性がΔE であるということです。
時間 Δt を短くすれば ΔE は大きくなるし、Δt を小さくすれば、ΔE は小さくなる…。


さ、光のエネルギーを測定するというのは、光の振動数を測るということです。

光の振動の回数をカウントする!のです。

観測時間をΔt として、Δt が10秒だろうと、100秒だろうと、0.1 秒で測定しようと、不確定性はその測定で、波1個分であろうと考えます。測定時間がどれだけであろうと、カウントをするという観測の不確定性は、長い時間観測するからつかれると観測精度が悪くなって間違いが多くなる、というはずはなく、観測それ自体の性質として、まぁ観測者が人であるとして、最大で波一個分くらいずれる、そんな感じで考えてもいいんじゃないかと。

で、Δt秒 測って、波個分、(つまりν個のうちの一個) 数え違いがある、と、いうことは、一秒間に 1/Δt (個分)の振動数の誤差(=Δν)があると考えられます。つまり、Δν~1/Δt 。10秒測ったなら、1秒あたり 1/10 個だし、0.1秒 なら 1/0.1個。で、つまりこれ、Δν が 1/10、1/0.1 であるということです。

Δν~1/Δt
プランク定数h をかけて、
=>hΔν~h/Δt
E=hνなのだから、ΔE=hΔν(エネルギーの不確定性は振動数の「カウント」の不確定性!)
=>ΔE~h/Δt

よって晴れて、ΔEΔt ~ h (理論的な議論では、正確には h/2π = ℏ です)

プロフィール

Author:tsukikagejou

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
かうんた