「作曲」カテゴリには自作曲がたくさん貼ってあります。初心者独特の曲の雰囲気をお楽しみください。
■ BGM作成サービスはじめました。[こちらから]
■ フリーBGM(素材)サイト: 【SOUND-SITES】 公開
■Short music clips please play & listen
Welcome! This song is my own work.[Shuffle! をクリックするとランダムで違う曲が流れます]
[Shuffle!]
←演奏中に押すとランダムで曲が変わります。

曲広め活動終了

もう、いいだろう、曲広め活動、終了。大した額ではなかったが、お金を使った。使うたび、(気持ちが) 消耗する。

しかし、youtube の片方の宣伝してないほうの動画が、伸びてる。いままで宣伝でお金をかけないで伸びた(自作)曲なんてないのに。どこまで伸びるのか。


やーめた。っていう気分の転換、大事。なにか他の事したほうがよい?&そうした。かなりぐちゃぐちゃになってた音楽への思い入れがすっきりした。

ようやく、平常に戻っていける。

モノとしての魅力

自分の気に入った曲だったら、mp3は聴く用に必要だとしても、ものとしてCDを所持したい、って思うよなぁ。好きってそういうことだ。

自作曲 (DTM、初音ミク) 発表

いろいろ-あき-とき-のうた (いろいろ-秋-時-の歌)



マネタイズ考えてます。

この曲作ったときはまだ暖かかった。寒くなったらどんな作品ができるんだろうか。(2016/10/30 寒い日)



↓+αつけたし修正版

世界の国々

Youtube 広告配信にて。

ヨーロッパ、とか、北欧、とかで簡単に選びたかったが。できない。で、すねてた。めんどくせーって。

でも、ま、やってみっか、って、国を一つ一つ選ぶことにしてみて、お国柄とか、多様だろうなぁ、って考えるようになって。


国選ぶのが楽しくなってきた。だってそこでオレの音楽が流れるんだぜ?

あとは、adwords のコンピュータがどこまでやってくれるかだな。ゆめゆめ、この前みたいに、ベトナムやタイに広告配信が集中したみたいには、ならないでほしいんだよな。とりあえず、ヨーロッパを選んだ。今度ロシア&東欧やって、アメリカ&カナダ、それから日本か。

注:東南アジア差別ではない。あの地域の人々は音楽に感想を残さないから(おもしろくない)。残すんだったら喜んで配信するぜ。(あと宣伝費に余裕があればね)

本来の音楽広告配信のあるべき姿だ。基本はDJ精神なんだぜ

二択

■時は金なり
■善は急げ

対するは、

□急いては事をし損じる

youtubeで広告してみようと思ったとき思った。やる気さえあればすぐできることだから、善は急げ、というより普通に、やる。やる気が出たのはたまたま。それまでは、億劫で仕方なかった。結果論としては、結局は億劫だから考え込んだことになる。

ただ、やる気パワーが疲労してる時は、やっぱりジレンマ。

どっちだ?宣伝ってさぁ、思ったときじゃないと、やる気しないしさ、反応待って、反応がないのむなしいし、だから消耗することだし。結局は実力がないから反応が返ってこないんだとか考えちゃうし、いや、オレの芸術は理解されないんだとか、世間のせいにしたり、どっちなの?

いま、曲への反応が今までの曲で一番いい方向に向かっている。今も一個の出来事があった。それがパワーにつながる。

やっぱり、曲しだいなのだ。実力的なものなのだ。いいものは、いい。だから、いいものを、作る。それはしかし、曲を作ることがす・・・から始まる。


で、二択はとっちだろ。願望的には、急いては事をし損じる、に旗をあげたい。今までさんざん急いだ、けど。急いては事をし損じる、に従っていれば、それは待ち、だ。待っている間に、いいことがおきて、やるが出れば、やる気に乗っかって普通に進めるからだ。いいことがおきないってことは、曲の場合は、曲がまだまだのレ…。いや、超弦理論のシャークは理解されず自殺した。その研究に陽の当たったのは10年後だ。

それしかし、極端だ。俺などまだまだ最先端ではない。アインシュタインも自殺していない。離婚に再婚までして自分らしく生きた。


急いては事をし損じる、にしよう。俺は急ぎすぎる方が悪い癖だ。難しいとおもうけども。

新曲発表の前の

自分の作った歌が出来過ぎだと思う。朝モードはダメダメなのだが、自分の作ったメロディーを思い出せない。モードってある。

「すきる★あっぷ」は全体的に好きだが、仕掛けが足りない。多分それが不人気のもとなのかな。しかし聴いていて心地いいことには違いない。

満足の 8 GR いいと思ってくれてる人こんな割合でいたんだ、スクリーン緑色になってた。




サウンドクラウドはいい曲でも広めてくれない
疑問: なんで再生2なのにLIKEが6つもあるの??




今日最終調整した曲は、はじめはなんかありきたりすぎるメロディーかなと思ったら、あとで考えてみたらすっげー上手にできたしろものだった。

おなじぃ

視聴者数の伸びが気になって眠れない感じ、俺だけじゃないんだぁ、やっぱ、そうだよみんなおんなじ人間だもの。眠れないの困るから忘れるに限る。

視聴者獲得はむじかしい。

届けたい~プロモーション~風邪

曲を広める活動が過熱し、最後に風邪をひいた。

病院に人は少なく、こんなとき風邪をひいているのは俺くらいなもんかと思った。

喉の腫れにはじまり、それが治まると咳に移行した風邪。それはいいや。


いままでとは格段にできの違う作品が出来て、人に届けたいと思った。

しかし、ニコ動、ニコ動広告、youtube、と、広告、どれをやってもぱっとしない。おかしぃよなぁ。

カネの事ばかりに集中してたけど、とどのつまりは「リスナーの確保」が要点。バンドやってる人たちもライブやったりしてるのは、みんな曲届けたいからだなぁ、って、共感した。

DTM の課題=リスナーの確保

オレのあの曲は、リスナーとの出会い方次第で。っていうのはもういいや。まぁ、確かに、広まらないのは曲の実力不足というよりは、届け方のほうの問題だな、と思うことにする。改めて考えて、リスナーっていろいろだからな。シンセサイザーの曲なんか興味ないっていう人もいるわけで。ましてや初音ミクなんか、そういうの、ありえない、って人もいるわけだし。それにしても、youtubeの広告は、何を考えてるんだろ。もう少し、オレの曲が伸びるような届け方だってあるだろうに。どんな人に届けてんだろ。ほんっとわかんね。

だいたいみんな歌手で曲選んだりする人の方が多いわけだから。曲の良しあしで人を惹きつけるのは難しいはずだよ。俺は前から曲聴くと作曲者の方に自然と目が行く方だったけど。CD買っても目的の曲以外は全然聴かなかった。かたや、一般的にはある歌手のアルバムを買ったら一からとおしで最後まで聴くパターンなのが普通の人。誰の曲?歌手、歌手、歌手。

ま、いっか。

とにかく、リスナーに届ける。どうやってやろうかなぁ。ゆっくり考えるとするか。

ボツリヌス菌

ハムやソーセージに入っている食品添加物の硝酸塩は、発色剤の役割の方が有名だが、実は、ボツリヌス菌の繁殖を抑えることが目的らしい。

【ボツリヌス菌の名前の由来】
ボツリヌスはソーセージ(腸詰め)の意味で、ソーセージやハムを食べた人の間に起こる食中毒の原因菌ということで、ボツリヌス菌という名前がついたらしい。

(Wikipedia)

おそっ!

曲作りが終わっていろいろと公開活動に入ったが。

曲作り始めてからまだ4日目だと??

もうすげー時間たってたのかと思った。楽しい時は短い、つまらない時は長いっていうことだけど?

まじめに入れ込んだってことだな、つまらないっていうよりは、ストレス的な感じかな。なにかやるとこうなる。凝り性だな。


曲、よろしくお願いします。ミク(ボーカロイド)が音痴ですが、落ち着いた感じの曲です。この手の曲を心地よいと思う人は結構いるかと…。