「作曲」カテゴリには自作曲がたくさん貼ってあります。初心者独特の曲の雰囲気をお楽しみください。
■ BGM作成サービスはじめました。[こちらから]
■ フリーBGM(素材)サイト: 【SOUND-SITES】 公開
■Short music clips please play & listen
Welcome! This song is my own work.[Shuffle! をクリックするとランダムで違う曲が流れます]
[Shuffle!]
←演奏中に押すとランダムで曲が変わります。

耳が痛い曲ができてしまった場合~ミックス~リミッター

ミックスダウンして聞いてみたら、何回も聞いているうちに耳が痛くなる、という経験。

=>リミッターの選択を見直す。


このくらいの完成度の曲なら少し楽しみながら聞いてもらえると思うので、聞いてみてください。約3分間のテクノトランスです。

耳の痛さは、ヘッドフォンだとよくわかると思います。最初はよくても、繰り返し聞いているうちに耳が痛くなってくるものなのです。

★耳が痛いほうを聞いてしまうと、正常な方も痛く聞こえるようになってしまうという耳に対する効果があるので、気を付けてください。(曲がつまらないときは仕方ないのですが、しばらくの間曲に浸らないと耳の痛さが分かりません)

① 何回聴いても大丈夫な方 Slate Digital FG-X: gain 2.0

耳に痛くない






② 耳に痛いほう Waves L2 : threshold: -1.0 dB

ずっと聞いてると耳が痛くなる






L2 のほうは音量が小さいのに、耳が痛くなる。 ボカロの曲のときはL2で大丈夫だったけど、この曲では耳が痛かった。耳が痛いときはリミッターのことにも考えをめぐらしてください。相性のようなもの、、。さもないと、「バスドラムが痛いな、音量さげ、あれ?こんどはベースが痛いな…」みたいになり、音量下げに下げてしまい、それでも、音量いくら下げても耳が痛いよぉー、なんてことになります。原因は音量じゃなくリミッターの設定なのですから,,,,。リミッター選びをミスって耳が痛いときは、音量をいくら下げても痛いんです。

一回耳の痛いものを聞いてしまうと、そのあと正常なものを聴いても耳が痛く感じます。

今のところ俺はL2 も FG-X も両方好きです。

ピザーラ

泳いだ。ピザーラがうまかった。


↓無料BGM素材 ニコニコモンズにて配布中

記念 (やっぱし)

やっぱこの曲。【すきる★あっぷ】



nsen でリク。まだ 8 も Good Request とれる。うれしいな。楽器構成は、初心者か、と思わせるほど数少ないんだけど。パワーを感じるし、堂々とした綺麗さがある。俺はこの曲は、やっぱ好きだ。なんか作っていくたびに勢いのない曲ができてきてるけど。お金のない歌は歌詞がちょっとやばい、正直すぎるというか、曲作る余裕あるくせに弱音はいてる的な、矛盾、というか。まぁ、嘘じゃないんだけど。こんなのはもう金輪際作らない (つもり)。

まいいや。すきる★あっぷ めざそ。G(ood) R(equest) 8 記念ブログでした。

新曲 【Install SSD】

Install a SSD のほうが正しいのだろうか。

パソコンを変えて、SSD も自分で取り付けたことが自分にとってかなりインパクトがあったので歌になりました。

ヒット性のない曲のように思います。 なんかおもしろくないなぁ(←正直)。 いろいろ-あき-とき-のうた がまだマイベスト。すきる★あっぷ もいいけど。なんだかんだ、だんだんレベル落ちてる?というか、楽器を使うのは慣れる一方で、元気のようなものが、生き生き感がなくなっているのを感じる。なにか心機一転がほしい。前の曲のほうが勢いがあったよ。



ファイル消去時に確認画面を出す。

tsukikagejou のおすすめ2

ゴミ箱の設定

USB メモリなどの中のファイルをクリックミスで消ししてしまうと元に戻すのが大変 (要ツール:ディスク復元ツール) なので、確認画面を出すようにする。




プロパーティから、
削除の確認メッセージを表示する、にチェック (下図)



サラウンド 5.1

tsukikagejou のおすすめ1

サラウンド 5.1 の設定

デスクトップ左下の、スタートボタンを右クリック (Windows 10の場合)
「コントロールパネル」 から、「ハードウェアとサウンド」




タブを選択してから、メニューより選択。





あと、ディスプレイ付属のスピーカーなら、音量をあげると、ある音量 (60~70 とか) から突然音の抜けがよくなることがある。

僕の場合: パソコン移行直後、なんとなく音が悪くなった気が。(実際、気のせいでなく、こもっていたのは事実です) で、サラウンドの設定済ませたら、前のパソコンと似たような響きが得られてほっとしました。そこで改めて聞き直すと、3年前のパソコンに比べたら、今は高音がより力強く洗練されたのがはっきり感じられました。新しいパソコンのスピーカーが低音の弱い粗末なものだったので、前のパソコンのディスプレイを引き継ぐことにしたんです。なので、スピーカーを変えていない条件下でのことを言っています。


DTM 初心者のひとへ。自分もまだまだですが (・。

DAW で聞こえるのと、ミックスダウン後に (Media Player などのプレーヤーで) 聞いたものとが違う。( ミックスダウンしたものがこもって聞こえる)
↓↓↓


パソコンが音を出す際になにか細工してる場合がある。俺の場合、ほかの音楽を楽しむのもこのパソコンでやっていて、聞き心地がいいのでサラウンドの設定にしてたのが、モニタリングにとってはマイナスに作用していました。サラウンド設定するとパソコンからの音声の出力そのものが変わってしまうのです。いつのことだか忘れているが知らぬ間に (自分で) パソコンをサラウンドの設定にしてた、などのようなことがあるので要確認です。僕の場合、DAWでの再生と、ミックスダウンしたものを聞くとき、ヘッドフォンを同じ端子につないだままで聞いても、サラウンドの効果があると、ミックスダウンしたもの (というよりほかのmp3などの音楽ファイルもすべてこもって聞こえる) はこもって聞こえました (プレーヤーに対してはサラウンドがかかる一方、DAW上ではサラウンド効果がかかっていなませんでした)。ディスプレイのヘッドフォン端子からだと、サラウンドがキャンセルされるようなので、そちらの端子を使っています。

Trilian Gets INVALID CHALLENGE Error on Windows 10 machine

Trilian のオーサライズができない問題解決。

ちゃんと UPDATES もやってるのに INVALID CHALLENGE がでる。

ブラウザが Windows Edge だとだめだった。IE (Internet Explorer) でページを出してやってみたら、できた。

( To English speakers => i.e. try with IE (Internet Explorer) or another browser in stead of Windows Edge)

エラーはこんな感じ。




あと、ウイルスバスターのリアルタイムスキャンを切っただけではだめで、プログラム終了したら、プラグインの読み込みが超高速になった。

呆然として

こぎれいになったデスクトップ



音楽ソフト関係の移行が朝から夕方までかかった。インストールとアクティベート、オーサライズ。

音楽のためにそこまでするか。


本当にやりたいことは音楽っていうわけじゃないんだ、

っていうのに。

12/30 じゃなかったのか?

年末まで待つつもりでいたパソコンが早くも来てしまった。

不安だったssd交換をやってみた。とりあえずできて、起動もできた。システムドライブ用のssdの交換が完了したということだ。それとは別のもう一つのベイのhddを外して、ssdを取り付けようとしたら、端子がL字になっていて接続できないので、延長ケーブルを買うことにして、ケーブル差し込んでいない宙ぶらりんのままパソコンを閉じ、元箱に収めた。

あらかじめいろいろ調査して知っていた通り、SATAケーブルとSATA電源ケーブルがあった。

昨日までクリーンインストールをやるつもりだったが、それだと標準付属のソフトが活きないと、そんな簡単なことだけど、それに気づき、クローンをつくることにした。パソコンは出荷状態で綺麗な状態なので、クローンは10分もかからなかった。

ssd(A) + hdd 仕様のパソコンで、hdd を 取り換え用 ssd(B) に交換・接続してから ssd(A)→ssd(B) のクローンを行った。

一応、静電気の起きにくい綿のジャージっぽい上着に着替えてやった。静電気について:「帯電列」 の用語でも調べてみれば勉強になるよ。帯電列上で近い物質同士だと静電気が起きにくい。

システムドライブ用の ssd は cruicial の MX300 CT1050MX300SSD1。クローンソフト付属。クローン後、ssd 内に、そのクローンソフトがあると不具合が起こるとの情報があったので、クローン後即アンインストール。

クローンの際、1TBのパーテションを、Cドライブ800GB程度、Dドライブを120GB程度にしたかったのだが、それをやるのはちょっとした手間だった。

MX300 CT1050MX300SSD1 の製品説明では、システムドライブ用にも使うことができます、という説明があったのだが、新しいものだしネット上にあまり情報の蓄積がないので、今後どれくらい耐久するのか、注意しなければならない。

そう、内部を開けたところに!マークがあって、電源を切った後30分以上経ってから部品の交換などを行う旨の注意書き。


※ 価格com の口コミのところで、買ったパソコンの掲示板のところから ssd 交換について相談したのが幸いして、買ったパソコン用の正式の解体の手順の載った pdf資料を手に入れたので、うまくいった。それまで、開いてみれば何とかなんだろ、とか思っていたが、慣れてない初心者が、解体の手順に関する資料なしにssd交換を行うのはおそらく不可能。開けてみたはいいが何をしていいのかさっぱりわからなくなるか、無理やりいじって部品を壊す可能性大。俺は資料を手に入れられたのが幸運だったのだ。調べに調べで動き回ったおかげでもあるけど。だから、資料を手に入れよう!解体に関しては、作業しては資料に目をやりまた作業して…、といった感じの、多少たよりない作業だった。つか買ったのがnec のホーム向けのパソコンで、ssd 増設や いろいろな部品交換といったマニアックな変更を想定していないからこんなことを言っている。ssd 交換とかばりばりOK・ユーザーカスタマイズ歓迎のDELLとかのパソコンだったら、ネットを見ればssd交換も含め部品交換はずっとたやすいものと思う。


DTM やってなかったら、高速化にはこだわらなかった。

2016/12/10

移行作業進行中。順調稼働中。なんかもういいや感あり。DTM関係の移行が面倒くさそうだなぁ。

hdd ドライブベイに ssd を乗せたいならこういうの。ねじ穴が固定されているものだと、コネクタがL字だった場合に、ssd が奥まった位置に位置するので、そのままでは取り付けできない。この商品でも、4カ所のねじ穴のうち2カ所しか固定できなかったが、ポジション的にはばっちりで、無事L字コネクタ(SATAケーブルおよびSATA電源ケーブル)を接続できた。

■ SSD不具合回避のためにスリープモード解除
■ 2TB SSD を GPTフォーマット。MBR もあったがあまり考えない。
■ マカフィーをアンインストールし、ウイルスバスタークラウドに。
□ 隠しファイル属性のファイルを見える化。(エクスプローラー→上部 「表示」タブ より)
■ メールソフト

■ 新しいディスプレイ付属のスピーカーの音が小型ラジオみたいな感じで軽い音しか出ない。なので、旧ディスプレイに戻す。思えば、いいディスプレイに巡り合ったもんだ。あのスピーカーだからそのままフラットな形でDTMを始められた。今回のディスプレイのような音だったら、DTM、どうだった、どういう方向に進んだだろう・・・。

あと、軽いスピーカーで聞いても良い曲は聴きごたえあるなと感じた。自分の曲も、いろいろ-あき~ はよく聞こえたが、いろはチョコは物足りなさを感じた。そんなスピーカーで聴いてもちゃんと満足感の得られる曲作りたいよなって思った。


でも、ちょっとまて。本当にやりたいことは音楽じゃないんだって…。


DTMを始めるために必要なもの

DTMをやるために必要なもの

  ====プロみたいな音を出せる

(以下で述べることは、ノートパソコンでやる場合には当てはまらないかもしれません)



順番に。


パソコン:2016年 現在、Windows か Mac か。説明の必要なし。※メモリが重要。メモリが4GBという家庭用パソコンも多々に存在するので、なにも考えずに買うとそういうのを買ってしまう恐れがある。DTMでは、DAW上で、後述する、ソフトウェア音源やプラグインをたくさん立ち上げるので、その立ち上げる分だけのメモリ容量が必要になる。要点は、16GB以上積んだものを買う。メモリは通常増設可能で、ショップに増設してもらう。2016/12 月現在であれば 32GBが望ましい。2016/12 月、最近、SSD (Solid State Drive:高速) がはやってきているので、それへの交換も検討されたし。DAW の起動や、時間のかかる音源ライブラリのロードの時間が1/2 から 1/4 程度に短縮されると思う。

DAW (必須) 読み方:ダウ、ディーエーダブリュー
Digital Audio Workstation と呼ばれるもの。そういうソフトのこと。
これに音符をかいたり、ピアノロール上でメロディー入れたり、ステップ入力してみたり、リアルタイム入力 (要midiキーボード) してみたり、リストエディタでmidi情報を入力したりして音を出す。

MIDIキーボード 読み方:ミディキーボード
「俺は八王子Pのようにピアノロールにマウスで打ち込んでやるんだ」という人は買わなくて良し。でも、結局は八王子Pも最初はキーボード買って持っている。なんだかんだ必須。主に、32腱、37鍵 (小)、49腱 (中)、61腱 (大)、88腱 (ピアノと一緒) などがある。僕は、小も中も大も持ってる。一番最初は 61 腱で少しやって、次に 49 腱やってみようかなぁなんて思って、そのあと 37腱買って、手軽だな、楽だな、いいじゃん、みたいに思ったけど、やっぱ 低音と高音両手で弾いてみたい (ピアノ弾けないけど) から 49 腱か?みたいになって、最終的に 37 腱で問題ないジャン、みたいな結論に至ってこじんまりと入力している。でも、気分でいろんなの使うのも一興だと思っている。(だいたい) 49腱以上になるとノブやフェーダーがついていて、ソフトシンセのノブをアサイン (midi learn:[簡単]) してノブを操作したり、DAWのコンソールのフェーダーの操作もできる。一度はやってみるべし。(ノブ・フェーダーなしのシンプルモデルもある。それがウリで、それだけ安い) ただ、結局はノブ・フェーダーは、とくにノブは、そんなに利用しないという最終結果がまっている。和音とか鳴らしてみたいだろうから、最初はやっぱ 61腱かな。で、いちいちキーボード出すのめんどうで、万年床のままでも手っ取り早くキーボードを取り出して、さっさと音楽はじめたい、と思うようになったら 37 腱を買うべし。なくても良し。好み。midiキーボードには、ソフトウェア音源(=ソフトシンセ) のLE版 (Limited Edition:限定版) などがついてくるものがある。

基本的に鍵盤数の少ないやつの方が安い。ヤフオク (旧:yahoo オークション) で中古のものを安く購入すべし。

[値段][種類]


―――――最後にまとめてある通り、本当の必須と言ったらここまで―――――終了 (-0-0――――

モニタースピーカー
俺は中田ヤスタカの機材に見習って、GENELECのスピーカーならいいか、と思って、間違ったスピーカー (アクティブスピーカー) をずっと使っていた。出来上がった曲を聴いてみる程度の用途だったけど。まぁ、そのため、というべきか、オレの曲は音響的にはマダマダだと思っているけど。 モニタースピーカー/スタジオモニタースピーカー/モニタリングスピーカー (どれも同じ)、と書いてあるものを買う。通常、この、モニタースピーカーで音を出しながら作曲するようだが、俺は今のところパソコンのディスプレイ内臓のスピーカーでやっている。いつもいろいろな曲を聴くのはそのスピーカーだし、その音の鳴り方で自分の聞きたい音で聞きたいモノを作りたいと、そう単純に思えるからだ。プロではないし。自分が聞いて気持ちいい音を作っていくのが作曲。あと、モニターヘッドフォンは持っている(1万円~2万円程度、プロ御用達のsonyの MDR-CD900ST も)。細かい音がよく聞こえるし、好きな曲を聞いてもばっちり繊細に聞こえる。あと、俺の場合は bluetooth で聞ける 3000円程度のスピーカーも所持しており、それでも聞く。

オーディオインターフェイス
たいていの紹介サイトでは最低限の装備としてオーディオインターフェイスが必要だと書かれているが、asio4all (フリー) を使えば (あとはパソコンが高スペックなら)、必要はない。そもそも僕も最初しらずに、asio4all を使いつつ、DAWでの耳コピを楽しんでいた。(買うならばいいものを、ということで、パソコンの購入時に メモリ16GB に増設してもらっていたことがなにげない功を奏した)。僕もオーディオインターフェイスは持っているが、プロ作曲家じゃないから、普段パソコン使う時、いまいちそこにデンと常駐させて置いておきたくない、しまいたくなる。でも、やるときいちいち出して取り付けるのも面倒、なんて感じで、パソコン回りの整理を重視した結果、今のところ、オーディオインターフェイスTASCAM US-144MKⅡは箱にしまってあって、 asio4all に頼ってやっている。そう、ボカロやるには必要ないけど、実際にマイクでボーカルを入れたり、マイクから生音 (ギターその他いろいろな楽器の演奏や、雨水のしたたる音とかカエルの鳴き声とか) を取り入れたりするならば オーディオインターフェイスは必須。その場合、オーディオインターフェイス次第で音質の違いがある。けど、そうでない場合は、音質は、asio4all でもオーディオインターフェイスでも、変わらない。特にボカロの場合なんかは。だから、オーディオインターフェイスは、声入れよっかな、とか、ギター弾いて生音入れてみたい、ってなったとき手に入れればよいモノ。始めてDAWでミックスダウンして、音がこもる場合は、リミッターを挿さないで音割れがあるままミックスダウンしている場合がある。大きな音を出し過ぎると、音割れが起こることがあり、マスタートラックに赤いランプがつくのでそれとわかる。オーディオインターフェイスが悪いのでは、なんて疑う場合があるが、この場合そうではない。

音源

最小限のものは DAW についていると思う。
シンセと、マルチ音源それぞれ一つくらい用意した方が良いと思う。個人的には、DTM において Native Instruments Komplete 11Ultimate (11は現在のバージョン、10万円前後) は必須だと考えている。Komplete には シンセも、マルチ音源も、入っている。massive (シンセ), kontakt player 用のライブラリ音源、あと、battery (4) 、これはドラム音源。こんなのはたかだか数個のうちで、それも含めて、全部で、確か、10000 (一万) 音色以上入っていると紹介されていたと思う。ソフトシンセと、シンセの意味合いは違う感じ。ソフトシンセは、録音したピアノ音ギター音なりを鳴らすサンプリング音源も含めてDAWで鳴らせる音源 (プラグイン) のすべてを表すけど、シンセというと、saw, sine , pulse などのオシレーターから音を合成するいかにもシンセサイザーらしいというべき音源のことを指す。シンセは、上述のmassive の他、sylenth1, spire, serum, hive などがある。nexus 2 がならび称される場合があるが、nexus 2 はサンプルベースの音源だから正確にはシンセとは違う。ただ、音が、音のプロっぽさ的な質が、massive, sylenth1 等に引けを取らない。


プラグインエフェクト  ===のちのちは絶対必須になる

フリーのプラグインは、本などに載ってたり、あのアーティストも使用してる、というのがなければ、使わないほうが無難。使うと、DAWでの作業最中にクラッシュしてしまうことがあるから。そんなことは自分で確かめる、というのなら自分で一つ一つ確かめていくのもいいが、クラッシュは往々にして作業が進んだころに襲ってくることもある。(有料のプラグインでさえクラッシュすることがある)。 最初は音を出して楽しむ以外DTMではやることがないので、最初はプラグインエフェクトは購入の必要なし。最小限のものは DAW についている。ただ、作曲が本格化していくにしたがって、特に、イコライザーやコンプレッサー、その他、音に特殊な効果を与えてくれるプラグインがないとやってられん (とくに音圧)、ってなるので、waves (代表的)、IK Multimedia T-Racks, iZotope の商品名忘れた, oxford, nomad factory (いずれも社名) などを念頭に入れ値段をちょくちょくチェックしておくべしと思う。買うのはセールのとき、春(スプリングセール)、summer sale(6月~7月)、ハロウィン、ブラックフライデー(11月の第4金曜日のこと。外国で一番でかいセール)、年末、など。それに限らず、突発的なセールもある。どのメーカーでも、プラグインをまとめて「なんとかバンドル」というのを出しているので、最初は必ずそれを買う。なるべく高いバンドルを、なるべく安い時に買うのがベスト。この買い方は必須。まとめたセットのことをバンドルという。バンドルは、ソフト音源のバンドルとかもあるし、また、IK Multimedia などは、Total Studio Max といって、IK Multimedia から出してるおそらくすべての、音源+エフェクトプラグイン+ギターアンプの"バンドル"を売っている。安い時なら、買うべし。バンドルと言えば、エフェクターではないが、たとえば、Arturia のソフトウェア音源は、ゆめゆめ単体で買ってはならない(それはもういろいろ知っている"事情通"のやること)。必ず バンドルの、V collection 4 や V collection 5 を買うこと。V collection 4 は 5 が出た今は多分激安だが、いろいろできる。

nomad factory の cosoms (exciter) など、単体で有名なものもある。nomad factory の存在は cosmos で知った。

最初は日本のディーラーで買うことと思うが、できるだけ早く海外サイトに目を向けておくことをお勧めする。ただし、無理だけはしないほうがいい。

IK Multimedia の製品などは、ぜひ、IK Muktimedia 本社のサイトから買おう。注意点は、海外から商品の到着があった後、数日遅れで消費税の支払い催告が来ること。数千円、コンビニ支払可。

必要最小限のモノでしょ?実際高きを目指す人も含めて。うん、こんなもんでしょ。一気に買おうとすると高すぎてテンション下がるから。まずは DAW。音源がもとから付属してくるものを選んで。MIDIキーボードは買っておいたほうがいい。買わないと、なんか音楽やってる感がでない。でも、そこでひとまず、一段落して、その段階でもう、作曲でも耳コピでもできる。パソコンが低スペックasio4all (無料:オーディオインターフェイスの代わり) 入れても重くて作曲どころじゃないよ、っていうんなら、そこでオーディオインターフェイスが必須となるので、買い。最小限の最初の段階は、ここまで。


あと、作曲本など。特に コード、およびコード進行 なんかは、結局コード進行っていう知識体系、について述べているからどの本でも変わらない、くらいに大雑把に考えて、どの本でも構わないので、一冊読んでおく (楽に一通り最後まで目を通しておく) べし。もちろん、複数の本に目を通しておくことが力になる、ことを知っている賢い君は何冊か買っておくべきだろう。

おまけ:英語力 今中学生なら中間期末毎回100点とるくらいの勢いでやれ。必ず役に立つ。日本で三十数万円のものが、海外のネット通販で二十万円で買えたりする。むろんこれがすべてではない。いや、安さなんてどうでもいい、高いカネだしても日本で買うわ、っていうんだったら気にしないでくれたまえ。英語なんて勉強しなくてもウチはお金があるからなんとでもなる、だから英語勉強したくないよママーん、なんていうの、それは、いかん、いかんよ?