「作曲」カテゴリには自作曲がたくさん貼ってあります。初心者独特の曲の雰囲気をお楽しみください。
■ BGM作成サービスはじめました。[こちらから]
■ フリーBGM(素材)サイト: 【SOUND-SITES】 公開
■Short music clips please play & listen
Welcome! This song is my own work.[Shuffle! をクリックするとランダムで違う曲が流れます]
[Shuffle!]
←演奏中に押すとランダムで曲が変わります。

魔法の指輪 【新曲】

新しい曲を作りました。

1/21 制作開始

・ベース音色変更改善の助言より、変更、Trilian 。 (2016/1/26)
・キンキン声をなるだけききやすく調声 (主にDeEsser、あと Renaissance コンプ) (2016/1/26)



ベースドラムの低音は耳を傷めるようでいて、実際はずっと聞いていても、(たぶん変にいじっていなければ) 基本的には耳を傷めることはない。痛めるとしたら何も考えずに選んだベース。[いや、耳が痛いのはミックスダウン以降の音の劣化のせいでは??]

ニコニコ動画だと音質劣化があって困った。=> youtube で聴いたらいいかななんて思ってたけど、なんだかんだで youtube でも音質劣化があるとわかった。bandcamp 登録&デビュー。それでも音質劣化があった。で、wav の 32 ビットのを聴いてみたり。そしたら、media player と gomplayer でも音質の違いがあることが分かった。w64 なんていうのもあったから試してみたらすごくよかった。でも結局、なんだかんだで daw 上で一番聞き心地よく聞こえる。というかまったく違う。

なんか、最初に、ミックスダウンしたらしょぼかったから入れたサラウンドのプラグインが悪かったのかもしれない。UV22HR も改めて使ってみた。で、まだ 96000Hz とか 192000Hz の道があったと思い起こして。

しかし、結局作った時と同じものは到底再現できない。なーんだ、感あり。逆にそこまで神経質になったって仕方ない、音質劣化なんかもうぜんぜん避けられないじゃんって吹っ切れた。

bandcamp↓↓↓(日本じゃあまりメジャーじゃないけど音楽SNS?的な。音質がいい)
mp3 無料配布中。bandcamp でのストリーミング推奨。




失敗: massive のベースと battery のベースドラムに余計なEQ をかけて失敗してた。
失敗: midiデータが重なっていたのを良しとし放置していた結果、うるさいサウンドになっていた。
失敗: threshold を下げて一回音が小さくなってからgain で上げるということを忘れていた。

① 作曲と編曲は別。

こういうことをブログで書くのははばかられるけど

なにか別のことやんなきゃだめだなって考えに行きついた。あぁ、それでしばらくすると、音楽のこと忘れる方向でやればいいのかってわかってくる。で、忘れるっていうことだけ頭の中でやればいいってなる。合理的な考えではあるんだけど、人間の知恵の傲慢なんだろう。実際は、やっぱり何か他のことを実際に「やらな」ければ気持ちの切り替えはうまくいかない。今ならなんとなくわかる。行動が大事なのだ。やんなきゃだめなんだな。しかし、今月いっぱいはどうしようもなく仕方がないので様子を見るが。

こういうことをブログで書くのははばかられるけど…どうせだれも見ないって (=・・|

スピーカーの処分と部屋

利益を見込んで手元にとっておいたスピーカーだったが、かなり大きく部屋を圧迫していたため、早いところ処分したくなり、仕方がないので利益ゼロの低価格でヤフオクに出品(260,000円くらいに安くしても売れなかった)、買った人はさぞ得した気分だったろう。290,000円で売られているものを230,000円で売った。

俺は低価格で手に入れていたので、ちょい損したくらい。残念ながら購入に要した労力は0円査定となったが、まぁ、俺自身は33万円相当のものを20万円で手に入れているから、おれ得のおすそ分けと思えば。


ようやく11月のスピーカー注文から、の、手続き、到着からのあれこれが、終わった。年末年始、年に一度しかないのに、気をもんで落ち着いた気分を味わえなかったのが残念。

それまでの間何か過ちは犯してなかろうか、相当気分が高まっていたので、かなり飛んでることをやっていたかもしれない。


ばかばかしいtwitterのtweetも消した。

スピーカーがでかでかと占領していた部屋のスペースも解放されて、すっきり。気分もすっきり。

結局安さを求めて気をもむのは経済的なことを考えてのことが理由で、お金があったら高くても日本で買っている。お金に翻弄されるのはつくづく嫌だと。本当にそう思う。


徐々に元に戻っていくだろう。ここ数か月のてんやわんやの中、得たものがあれば、元の何もない生活に、プラスされて変わった何かを感じることだろう。

スピーカーの音質に関する知見は相当深まった。お金もかかってしまったが。

GENELEC 8040BPM とケーブル (実体験を含むレポート)

Theme: GENELEC 8040 とケーブル (要点は最下部に記述)

今日のブログ【3】
今まで普通に聞いていて(普通の観賞用、小型スピーカー)、とつぜんケーブルを3000円以上くらいする高いものにすると、せっかく普通に聞けてたのにかえって耳に痛く聞こえてしまうということが起こりました。ケーブルは音質に癖を与えます。一般的なスピーカーを利用する限り、ケーブルは通常出回っている市販品でいいです。スピーカー自体がもともとそのように設計されているはずです。値段の高いものにするとかえって耳を悪くしたりすることもあります(体を壊します)。実体験です。今回、新しい高性能スピーカーのほうは調整がうまくいきつつあったものの、普段聴いているほうは高音が鋭くなり過ぎて、かえってリスニング用には不向きになってしまいました。これからまた調整しなくてはなりません。これがモニタリング環境を作るということなのか。

今日のブログ【2】
いや、GENELEC 8040 と合うケーブル、という発想がナンセンスで、日本のサウンドと合う、のがカナレのケーブルだということだ。みんながカナレ (神奈川の電気メーカー)のケーブルを使った環境で曲作れば、作った人は聴いてて無理のない曲を作るわけだから、結局カナレで聞くのが自然な曲が出来上がるはずだということがわかった(オーディオマニアじゃない方へ。スピーカーが高解像度であるほど、ケーブルの違いはわかりやすいです、通ぶってるわけじゃなくて。というか、何が焦点なのかっていうと、単純に耳にうるさいのを避けたい気持ちに、自然に、そうなるだけで。いい音質を求めるには違いないけど、それはよりよいものを求める、ではなく、悪いもの(音質)を避ける、という方向性)

今日のブログ【1】
ケーブルのメーカーなんかまったく知らなかった。そんなの量産型の安いのが出回っててあとは高級品か何かか、と。

違う、GENELEC 8040 を使うとなると(※)、ケーブルの違いが顕著。音量(感)すら変わる。例えば、以下で挙げるが MOGAMI 2534 は音が小さく聞こえる。ほかの音楽ファンのケーブルレビューにも同じことが書いてあった。(※実際、音質を気にしだすと、普通の聴く用途のスピーカーでも、とにかく気にしだすと違いがいろいろわかるようになった。高音と低音がうるさく聞こえるようになったとか、そんな感じになった。気にしなければどうってことないよね)

最初は、何も知らなかったので、BELDEN 1192A XLR(オス)-RCA 2本ペア 変換ケーブル (1m) とかいうのを買って、それまで試していた、コネクタ+rca ケーブルで聞きづらかったのが改善したので、もういいと思っていた。どうじに、それでも、このレベルじゃ耳にこたえて鳴らしながら作業するのはダメかな、とあきらめてた。で、もうこの際っていうんで、さらに定番っぽいのを二つ買ってみた。

細かいことはいい。聴いてて、聴き続けられるかどうか。ちょっとでもうるさかったりすると、聴いてて、もういいや、とかなって次のケーブルを試す流れだったが、カナレはぼけーーーーっと聞き続けられた。聴きやすいのだ。

試した曲 my feeling emotions

capsule の eternity も聞いてみた。

結論

GENELEC 8040 だったら、日本のサウンドだったら、アマゾンで買えるメジャーなものの中で選ぶなら、

① BELDEN 1192A
② CANARE カナレ L-4E6S
③ MOGAMI 2534

のうち、

聴きやすいのは ② CANARE カナレ L-4E6S

耳への圧迫感が一番少ない。なんか、ケーブルに関しては、はんだ付けで自作する人たちまでもいる模様。ギターの響きとかにもこだわっている人がいっぱいいるんだろうな。

(BELDEN も カナレ も MOGAMI もケーブルメーカー名)

ケーブルの端子一般化。大雑把に、よく使うものとして、見たまんま大きさの小さい方から、

・ミニプラグ
・RCAプラグ
・標準プラグ (TR,TRS)
・XLRプラグ

がある。で、ケーブルケーブルっていっているのは、プラグを抜きにした、ケーブル。長さのある、主たる伝導部分。1000円とか2000円で売っているやつは、それぞれの汎用メーカーが作っているのだろう。まぁ、実際、物理学的に言うんだったら、ケーブルの金属軸が太ければ電気抵抗が小さいわけだから電気信号の減衰が少なくて、それはつまりパソコン裏なりオーディオインターフェイスからの出力が「味付け」されずにスピーカーに伝わるってことで、それが真の音にそれだけ近いわけだが。抵抗が現れるとぉ、信号の周波数ごとに減衰率が違ってて、えっと、いまちょっと見てらんないけど、高周波ほど減衰率が高いとかがあって、なんかたぶん式(エネルギー損失の周波数依存性の式)があるぞ、で、ケーブル(の主に長さ)がその減衰率を左右していてて音質に影響する、ということがある (はず)。ケーブルが長ければ音質もまた違うということになる。これはですね、電磁波工学ですな。

もう、ケーブルの長さゼロにできるんだったら、=抵抗ゼロでエネルギー損失がゼロだから、メーカーも材質もくそもなーんもかんけーない、みんな真の音を聞けっていう感じで。その場合はケーブル依存性なしに音はスピーカー依存性100パーセントってことになる。

ポリシー: 聴いてみて耳に刺さるサウンドにならなければ、ケーブルにはあまりこだわらないのですが、今回こんなことになってしまったのは、ひとえに、音質が変わって耳に突き刺さる(健康を損なう)状態 があったからです。
健康という意味から、ケーブルの吟味は必須のものとなりました。自分にとってケーブルは、長く聴いてて(耳が)疲れない≒ 好きな曲を長い時間聴いてて落ち着いていられる、ならいいんです。

まだスピーカーの圧迫感が未解決。音質かなぁ=>RME Fireface UCX を購入。レポートしたくなったらする。

より良い音質を求める、と言うと語弊があって、悪い音質を改善したいための行動です。

2017/1/18 あと、新しいスピーカーを導入した後は、エージング(aging: ageは年齢(名)、年を取る(動詞)の意) といって、スピーカーに音を出させて慣らす(=年をとらせる) という作業があるようです。慣らすことによってさらに音質が変わっていくことを意味しますね。

2017/1/26 耳障りの心地よい音が作曲の気持ちを後押ししてくれる。エージング効果だと思う (かもしれない、しかし、ケーブルが落ち着いたからかもしれない) のですが、耳の痛さはなくなりました。ケーブルはカナレL-4E6S、1.5 m のものを使い、オーディオインターフェースから直につないでいます。中継端子はありません。ご参考に。怖いのでケーブルを挟んてみるテストとかはやめておきます。耳痛いの怖い!あぁ、でも、余裕が出たらやってみるかもしれません。スピーカー導入「直」後 (導入後直のテスト試聴) はほんと、おおさわぎでしたね。この長文が証明してる。

要点: ① モニタースピーカーは買ったばかりの状態では音がこなれていなくて、最初は耳障りに聞こえる。少し大きい音をだしていくと、スピーカーがこ慣れてくるという現象があり (慣らすことをエージングすると言うらしい)、そういう情報をインターネット上で見つけた。② そして、あと注意すべき点は、ケーブルが音質にすごく敏感に影響をあたえるから、テキトーなケーブルを選んではいけない。日本で (業界的に) 標準的に使われているのは、カナレという神奈川のメーカーの カナレL-4E6S。 ③ ケーブル同士をつなぎ合わせるところを接点と呼ぶことにして、接点は少ないほどいい。やたらにいろんなケーブルをつなぎ合わせてオーディオ環境を構築するのはアウト。

やばい

やっぱスピーカーやばい。こんなのずっと馬鹿みたいに聞いてたら体壊すな。

作曲活動とGENELEC 8040の使用を月曜まで休もう。必ず守る。普通に曲聴くのはいいだろう。


日課も休みだし。考えながら過ごそう。

2017/1/14 (土) 耳が疲れてたの、スピーカーのせいじゃなくて、昨日自分で作っていた曲のせいだったよう←も、勘違いで、その曲を聴いてた時の「ケーブル」に問題があった。少し高価なケーブルに替えたことがかえって耳の痛さを発生させてしまっていた。結局、このところの問題はすべてケーブルが問題だったことになる。


ケーブル注文中。耳にやさしい環境づくりの問題まだ未解決。(2017/1/16)

F23W2A

PC VL750FS に付属のディスプレイ F23W2A。そのディスプレイ付属のスピーカーがいい。スピーカーは YAMAHA 製。

なんか絶対このスピーカーいいよなぁ、って思ってたんだけど、SR-Bass という特許も取ったウーファーの技術を使っている。このことがなかなかネット上に情報が載ってない!

で、つまり、このブログは今のところDTMのブログだが、これまでの作曲はすべて F23W2A の付属のスピーカーで行っている。それで、結構なものまで作れることを俺は証明したと思う。低音の感覚が、細かくはわからないので、低音を出しすぎてないか確かめて調整するのと、ほかのバランスの微調整のために、曲完成後に一段落したあとヘッドフォンも利用した。ヘッドフォンを使っていない作品も多数ある。



SR-Bass 仕様のスピーカー探したけど、もう生産終了みたい。困ったな。出ないかなぁ。お願い、YAMAHA。


SR-Bass 仕様のスピーカー搭載したディスプレイ復活しないかなぁ…、お願い、NEC。あのスピーカー絶対いいって…。

まったくシマッタことだ

ただでさえ常々音楽を聴きすぎるのがやばいと思っているのに、今日は、新しいスピーカーで鳴らしまくり、聴きまくり。

いくら耳に痛くなる原因がケーブル配線にあるって気づいて解消されたからって、聴きすぎればやっぱり疲れる。

でもまぁ、ケーブルを変える前だったら痛さを伴った苦痛だったが、変えたので痛さはさほどない疲労だ。

しかしおかげで耳鳴りだ。


あと、いろいろ調べてて、やっぱ YAMAHA が俺の原点だなってなって、MSP5 を買わねば、ってなってしまった。

これはしかし、収入があってからだなぁ。なんといってもまだまだ無収入、来月あたり3000円ポイントがたまるくらいなんだから。

ブログ収入はなんと累計約20円。当然換金もできない。

しかも、音楽を仕事でやるつもりもないと来てる。

前途多難、じゃなくて前途困難な状態。昔っからだけど。

ま、YAMAHA MSP の件はしばらくたてばほとぼりもさめる。待ってじわじわ気が収まるのを待ってみる。猪突猛進的な今の状態としては上出来の策だ。



一月いっぱいは日課を停止することにして(理由がある)、毎日あるかないかのダウンロードや再生増加ばかり気にする状態、抜けてせめて曲作る気になればな。今日は耳を使いすぎたから、今曲作る気になってないが、どのくらいたてば復活するのやら。


あぁそうさ、てきてきてきと…さ。ありがちな悩み込んだ状態から納得のいく音楽なんかできないので。

New スピーカー

買ったスピーカーいいスピーカー過ぎて通常の作業に使えず。心地よすぎ繰り返し聞いてると耳が疲れてくる。ほんとうはもっと大きい部屋で遠くで大音量で鳴らして聞くものなんだろうな。 ケーブルを変えたらだいじょうぶになった。 いいスピーカーの場合はケーブルの接続の音質への影響を考えないといけない。というよりは、悪いものを選ばないように注意する?

「ケーブルかな?」と思ったとき、昔読んでおいた本で、ケーブルだ音質だ、接続の「接触点の数」を少なく! と強調していた本「新・プロの音プロの技」の記憶がよぎっていた。おかげさま。

いいスピーカなのに耳が痛くなる (肩がこる) 場合は、ケーブル類を見直してみてください。 (といっても、数分以上聞いているとなんだか調子(体調)が悪くなってくる、という類の話です)

時々スピーカーから離れた場所から確認するやり方で使おう。将来大きな部屋でも持った時にでも使えると思おう。

実際に行った変更

ケーブルとプラグを合わせて使っていた




に変更。接触点の数も一個減った。耳触りがなくなったのがそのせいかはわからないが。プラグ自体が悪かったのかも。

これが悪かったのかな、ひっぱったら取れちゃった。安物 (??)



海外で買って、親切から電圧も日本用の100v unit のを取り寄せてもらって、到着まで一か月以上、楽しみに待っていたんだが。音質は最高なのに…、GENELEC 8040。小規模DTMやるときはスピーカーいいの買いすぎると失敗する。ほんとだよ、繰り返し聞いていると耳が痛くなってくるんだから。肩までこる。

おかげでパソコンを中心にこじんまりやる僕の普通のときに使うために FOSTEX PM0.3(W) を購入する羽目に。クソッ。


GENELEC 8040→耳にやさしい設定を試行錯誤した結果、
treble tilt: -2dB, bass tilt: -4dB, bass roll-off: -6dB, desktop control: -4dB に決定。
特に個性を出すところでもないので、マニュアルにある neaafield 用のセッティング、bass tile: -4dB (only) に直す。ケーブルを、変換プラグ+rca ケーブルでとりあえずつないでいたところを、BELDEN 1192A XLR(オス)-RCA に変更。
PM0.3 買うの待ってもよかった。


オーディオマニアになることは避けたい

わかったところでケーブルについて調べてみると、ケーブルの違いは結構意味を持つらしい。高品質なスピーカーを迎えた結果、ケーブルの違いが気になる世界に到達した…

静か

パソコンがハードディスクじゃなくてSSDなので、温度が上がらないためファンが回らずに済み、静か。


昨日も行ったが、今日もプールに行ってきた。


とにかく静か。調子が変わるほど静か。買いすぎたCDを、パソコンに移すのを忘れて移す気力もなくなったまま積まれて放っておいたのをどうしようかと思っていたが、また新たな音楽を聴く気が出始め、パソコンに移す作業を再開する気になってきた。

パソコンを替えるまで、夜パソコンをつける習慣になっていたのは、ファンの音が静寂をかき消すせいでにぎやかになるから癖になっていたのか、なんて考えてしまう。最近パソコンをつけると、なぜかなかなか消す気にならないのは、静かすぎてさみしくなるからのような気がしてきた。


とにかく調子が変わるくらい静かだ。